インテル守備が崩壊 指揮官 厳しい日程に恨み節もダメージの残る大敗

[ 2013年2月18日 10:56 ]

フィオレンティナ戦で攻め込むインテル・ミラノの長友

イタリア1部リーグ インテル・ミラノ1―4フィオレンティナ

(2月17日)
 インテル・ミラノは守備が崩壊し、アウェーでフィオレンティナに1―4で完敗。長友は左サイドバックで先発し、後半途中から4―3―3の左MFに移って反撃を試みたが、大きな見せ場をつくれなかった。

 チームは14日に欧州リーグの決勝トーナメント1回戦第1戦を終えたばかり。ストラマッチョーニ監督は「とても疲れたインテルを見た。こんなに多くの代償を払うとは予想できなかった」と厳しい日程に恨み節も。ACミランと対戦するミラノ・ダービーを次節に控え、ダメージの残る敗戦となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年2月18日のニュース