乾 欧州移籍後初レッドに不満「納得いかない」

[ 2013年2月18日 06:00 ]

ドルトムント戦の後半、審判からレッドカードを受けるフランクフルトの乾

ブンデスリーガ フランクフルト0-3ドルトムント

(2月16日)
 フランクフルトの日本代表MF乾貴士が欧州移籍後初めて退場処分を受けた。後半9分に相手MFゲッツェを後方から倒して1度目の警告を受けると、同29分にも競り合いの中で腕がかかり、相手DFフンメルスが倒れた。「どういう基準か分からないけど2枚目の方が厳しい。あれで退場は納得がいかない」と悔しさを口にした。

 得意のドリブルで攻撃を活性化させようとしたが、得点には結びつかなかった。「強いっすよ、やっぱり」と昨季王者の力を見せつけられた。ここまでリーグ戦は全試合出場してきたが、次戦フライブルク戦は出場停止。「1週間休んで、また頑張ります」と気持ちの切り替えに努めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年2月18日のニュース