今野“本職CB”でJ1復帰導く「やりたい気持ちある」

[ 2013年1月23日 06:00 ]

 “本職”センターバックでJ1昇格を引き寄せる。J2G大阪は22日、大阪府吹田市内でボール回しや実戦形式など約2時間の練習。昨季終盤はボランチとして機能した日本代表DF今野は、今季のポジションについて「監督の意向通りやる。その期待に応えられるのが、いい選手だと思うので」と前置きしつつも「多分DFをすると思うし、個人的にやりたい気持ちはある」と明かした。

 昨季はリーグで2番目に多い65失点を喫し、降格の要因の1つとなった。さらに、オフにはセンターバックで19試合に出場した中沢と7試合出場の金正也(キムジョンヤ)が移籍。守備の要としての役割も、より大きくなるだけに「難しい戦いになると思いますが、やるしかない」と表情を引き締めた。

 長谷川新監督は「練習などを見て、本人とも話をして決める」と言いながらも、この日の実戦形式練習では最終ラインで起用。指揮官が「どちらでもできる」と信頼を寄せる背番号15が、守備陣の立て直しを担う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年1月23日のニュース