酒井高 人生初の一発退場…3試合出場停止に

[ 2012年12月13日 06:00 ]

 シュツットガルトのDF酒井高徳がリーグ戦3試合の出場停止処分を科された。8日のシャルケ戦の後半22分、相手選手へのタックルが危険と見なされ人生初の一発退場。「“アプジヒト(ドイツ語で故意)”ではなかったんですけど、ビデオで見たら思い切り足に入っているのが見えると思うので…」と話していたが、厳しい処分となった。

 年内最終戦となる15日のマインツ戦、来年1月19日のボルフスブルク戦、同27日のバイエルン・ミュンヘン戦に出場できなくなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年12月13日のニュース