アルアハリ監督「コリンチャンスよりいいプレーをした」

[ 2012年12月13日 06:00 ]

<コリンチャンス・アルアハリ>前半、ボールを奪い合うコリンチャンス・エメルソン(左)

トヨタ・クラブW杯準決勝 アルアハリ0―1コリンチャンス

(12月12日 豊田)
 アルアハリが南米王者を追い詰めた。0-1の後半10分に、準々決勝広島戦で決勝点を奪ったアブートリカを投入。流れが変わって何度もチャンスをつくったが、1点が遠かった。

 「悔しさでいっぱい。コリンチャンスよりいいプレーをしたし、勝つ権利はあった」とエルバドリー監督。シュート数はコリンチャンスと同じ6で、ボール保持率も50%と互角。敵将のチッチ監督も「アブートリカが入って積極的に攻めてこられた」と強さを認めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年12月13日のニュース