G大阪 今季初の無失点で勝ち点1を死守

[ 2012年5月20日 06:00 ]

<横浜・G大阪>後半、中村俊(右)と競り合うG大阪・遠藤(左)

J1第12節 G大阪0-0横浜

(5月19日 日産ス)
 G大阪が勝ち点1を死守した。相手の早いプレッシャーの前に思うようにボールをつなげず、立ち上がりから守勢に回る展開に。後半もピンチの連続だったが、横浜MF中村がPKを外す幸運にも恵まれ今季初の無失点で切り抜けた。「守備面でゼロに抑えたことをポジティブにとらえたい」と松波監督は前を向いた。

 ただ攻撃面での迫力不足は深刻だ。この日のシュート数はたったの6本。遠藤と明神のベテラン2人の奮闘が目立つばかり。遠藤は「動き出しも遅かったし、前線にボールを当てられなかった。連動性もなかった」と課題を口にした。降格圏を脱出するためにも得点力アップが必要だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年5月20日のニュース