G大阪、今季最多5失点…松波監督「サッカーの怖さ感じた」

[ 2012年4月28日 19:54 ]

鹿島に大敗し、肩を落とし引き揚げる遠藤(7)らG大阪イレブン

J1第8節 G大阪0-5鹿島

(4月28日 カシマ)
 G大阪は今季最多の5失点の完敗で、2連勝でストップした。勝てない試合でも続いていた得点も今季初めてゼロに終わった。

 追いかける展開となり、攻撃的になったところで相手の速攻を浴びる悪循環で失点を重ねた。松波監督は「両チームとも上向きで来た中、Jリーグで一、二を争う実力あるチーム同士の戦いだった。一つのミスでこうなる。サッカーの怖さを感じた」と厳しい表情だった。

 8試合で20失点の守備に改善の兆しはみられない。MF遠藤は「0―1も0―5も負けは負け。悪いところが全部出た」とさばさばとした表情。一方で、今季加入したDF今野は「すごく責任を感じる」とうつむいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年4月28日のニュース