本田を心配も…ザック監督「計算に入れている」

[ 2012年4月7日 06:00 ]

欧州組の視察のため離日するザッケローニ監督

 ザッケローニ監督がケガで離脱中のCSKAモスクワMF本田圭佑の早期復帰を希望した。

 本田は昨年9月に右膝半月板を手術し、W杯3次予選を全試合欠場。その後再発しながら右膝の状態は回復したが、3月3日のゼニト戦で左太腿を痛め現在も戦線を離脱している。

 先行きが不透明な状況に、当初14日のアウェー・ゼニト戦を視察する予定だった指揮官も「(昨年)8月10日(の韓国戦)以来、彼のプレーを見てないからね」と心配顔。W杯予選突破には不可欠な戦力だけに「(回復を)待つしかない。でも私はW杯最終予選で彼を計算に入れているよ」とエースの復帰が待ち遠しい様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年4月7日のニュース