鹿島、今季5試合目で初得点も実らず…指揮官の怒りは審判に

[ 2012年4月7日 21:18 ]

J1第5節第1日 鹿島1―3浦和

(4月7日 カシマ)
 鹿島は開幕5試合目での今季初ゴールで先制したが、逆転負け。ジョルジーニョ監督は「確かにチームとしてのミスもあったが、審判の質にはがっかりしている」と珍しく怒りをあらわにし、矛先を判定に向けた。

 前半に新井場がPKを取られた場面や、後半に大迫のゴールが認められなかったプレーについて、同監督は「何度もビデオで見たが、理解に苦しむ」と首をかしげた。

 開幕から5試合未勝利で、2007年のクラブワースト記録に並んだ。今季就任した新監督は「苦しい時は諦めるのが最も楽な逃げ道。だが、困難を乗り越えてこそ大きな未来がある。辛抱強く努力し続けるしかない」と強い信念を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年4月7日のニュース