松波新監督初白星!「ガンバとしての勝利がうれしい」

[ 2012年4月3日 20:59 ]

公式戦で今季初勝利し、サポーターの声援に応えるG大阪の松波監督

1次リーグE組 G大阪3-1ブニョドコル

(4月3日 万博)
 就任2戦目のG大阪の松波新監督は「選手たちがよく頑張って、勝ちを取ってくれた。監督として、というより、ガンバとしての勝利がうれしい」と今季公式戦7試合目での初白星を喜んだ。初先発させた若手のMF寺田、FW佐藤が躍動し、不振でも使い続けたラフィーニャが2得点と采配もさえた。
 
 かつて選手として暴れた万博で指揮を執っての勝利には「何とも言えない感じです」と苦笑いを浮かべたが、今後については「(ACLは)1勝しただけで、苦しい状況。これから勝ち点を積み重ねたい」と逆転での1次リーグ突破へ意気込んだ。
 
 先制ゴールを決めたMF遠藤は「勝てたんでよかったと思います。(初勝利は)遅かったですけど、ここで負けたらかなり厳しくなるんで」と胸をなで下ろしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年4月3日のニュース