群馬県民のチームに…J2草津 来季から「ザスパクサツ群馬」

[ 2012年4月3日 17:23 ]

J2ザスパ草津の名称変更を発表する、チーム運営会社の植木繁晴代表取締役GM

 サッカーJ2のザスパ草津を運営する草津温泉フットボールクラブは3日、来季からチーム名を「ザスパクサツ群馬」に変更すると発表した。

 ザスパ草津は2002年、群馬県草津町を中心に結成され、3日でちょうど10年。選手が温泉宿で働きながらJリーグを目指すチームとして話題を集めたが、05年のJ2参戦後はホームスタジアムのある前橋市での活動が中心となっていた。

 昨年1月末時点の債務超過が7千万円余りとなるなど赤字経営が続いており、「群馬県民のチームとして、県全域から支援を受けたい」としている。

 名称変更はJリーグ理事会で既に承認されており、チームロゴの新デザインを一般募集する。

 同社の植木繁晴代表取締役ゼネラルマネジャーは「草津を出て行くのではなく、さらに飛躍したいという思いを込めた。名前が全国に広まるよう活躍したい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年4月3日のニュース