神戸6戦ぶり黒星「ミスが出るたびに弱気」で9位後退

[ 2011年8月29日 06:00 ]

J1第24節 神戸0-4G大阪

(8月28日 ホームズ)
 神戸はG大阪のカウンターを止められず、今季最多の4失点。

 和田監督は「2点目を奪われたのがポイントだった。個々の質の差を感じた。うちはミスが出るたびに弱気になっていた」と脱帽した。MF大久保が「ボールを持った時に誰もいない」と嘆いたように、パスの選択肢も少なくノーゴールに終わった。7月23日の横浜戦以来6試合ぶりの黒星となり、9位に後退した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年8月29日のニュース