長友が右肩脱臼 ミランとのスーパー杯は欠場

[ 2011年7月31日 08:54 ]

ダブリン・スーパーカップのセルティック戦で、右肩を負傷したインテル・ミラノの長友(55)

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)のインテル・ミラノは30日、ダブリン・スーパーカップでDF長友佑都が右肩を脱臼したと発表した。インテルは8月6日に北京で行われるイタリア・スーパーカップでACミランと対戦するが、ガスペリーニ監督は「残念ながら、長友は北京には行けない」と話し、同行させない方針を明らかにした。

 長友はダブリンで30日に行われたダブリン・スーパーカップのスコットランド・プレミアリーグ、セルティック戦に先発出場したが、序盤で負傷。地元の病院で診察を受け、腕を固定してチームに戻った。試合はインテルが2―0で勝った。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年7月31日のニュース