長友に採点中位も辛口評価「日本人だけが喜んだ」

[ 2011年2月14日 18:06 ]

 14日付のイタリアのスポーツ各紙は、13日のユベントス戦で2試合連続の途中出場をしたインテル・ミラノのDF長友佑都について、採点は中位ながらも辛口の評価を与えた。

 ガゼッタ・デロ・スポルトはインテル勢では中位の5・5点ながら「試合の中に入っていけなかった」と厳しい表現。同じ点数をつけたコリエレ・デロ・スポルトは「数回ボールタッチしたが、記者席の日本人だけが喜んだ」とコメントした。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年2月14日のニュース