マンUオーナーがクラブ売却「細部詰めるだけ」

[ 2011年2月12日 06:00 ]

 11日付の英紙デーリー・エクスプレスは、マンチェスターUのオーナーを務めるグレイザー・ファミリーがカタール王族の投資企業とクラブの売却で合意間近と報じた。

 同紙によれば売却額は16億ポンド(約2128億円)で、交渉が成立すれば05年に7億9000万ポンド(約1050億7000万円)で買収したグレイザーファミリーは倍以上の値段でクラブを譲ることになる。クラブ側は売却を否定しているが、関係者は「あとは細部を詰めるだけ」と説明している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年2月12日のニュース