ロベカル脅迫受け精神的に限界…国外移籍へ

[ 2011年2月12日 06:00 ]

 コリンチャンスの元ブラジル代表DFロベルト・カルロスがサポーターから脅迫を受けていたことを10日、明かした。

 クラブ史上初めてリベルタドーレス杯の本戦に出場できなかったことが原因で「自宅に電話がかかってきて家族とともに脅され、車で外出するとバイクで尾行された」と告白した。「どうにもならない状況だ」とロベルト・カルロスの精神状態は限界に達しており、ブラジル国外へ移籍することを希望している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年2月12日のニュース