ブラジル監督 連敗で解任論に発展も

[ 2011年2月12日 06:00 ]

 ブラジル代表のメネーゼス監督が批判を受けている。

 9日のフランス戦で昨年11月17日のアルゼンチン戦に続く連敗を喫し、10日付の地元紙エスタッド・デ・サンパウロは「セレソンは組織になっていない。チャンスもつくれずに圧倒された」と手厳しかった。昨年のW杯南アフリカ大会後に就任し、3連勝と絶好のスタートを切ったメネーゼス監督だが、今後の試合結果によっては解任論に発展する可能性が出てきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年2月12日のニュース