【函館競輪・74周年記念五稜郭杯争奪戦初日5R】岩津裕介 同期・平原のダービーVの刺激受けた

[ 2024年5月17日 13:58 ]

<函館競輪場>シリーズ白星発進を決めた岩津裕介
Photo By スポニチ

 タイトルホルダー岩津裕介(42=岡山・87期)が同県の後輩・昼田宗一郎の捲りをチョイ差し。見事なワンツーを決めた。岩津は「昼田君が強かった。それに乗っかっただけ。前回のダービーは直前に体調を崩したので良くなかった。モヤモヤしていたけど、1着で気持ち的に軽くなった」と笑顔。自身は苦しんだダービーは、同期の平原康多が復活の優勝を果たした。

 「凄いですね。まさか勝つとは。力的には落ちていると思うけど、それで獲るのだからね。和田(健太郎)、園田(匠)も頑張っている。自分も頑張りたい」と同期たちの活躍に刺激を受けていた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月17日のニュース