【オークス】サフィラ22キロ増 昨夏新馬戦当時に戻る

[ 2024年5月17日 05:22 ]

オークス調教後の馬体重
Photo By スポニチ

 JRAは16日、オークス出走馬の調教後馬体重を発表した。

 一番の体重増は22キロ増のサフィラ。これまで減り続けていたが、今回の454キロで昨夏新馬戦当時に戻った形。いい傾向と言えそうだ。

 ステレンボッシュは増減なし。無駄肉の付きにくいタイプでこれでOK。ラヴァンダの14キロ増は前走東京への輸送で減ったのが回復したもの。チェルヴィニアは新馬から増え続けているが、調教でのシルエットは太く見えない。成長分とみるべきか。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月17日のニュース