【オークス】(18)ランスオブクイーン 馬なりで半馬身先着!大外枠も前向き「もまれる心配もない」

[ 2024年5月17日 05:29 ]

<オークス>横山和生騎手を背にCWコースにて併せ馬で追い切るランスオブクイーン(左)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 初コンタクトで手応えをつかんだ。ランスオブクイーンの最終追いは美浦から横山和が駆けつけ、角馬場からCWコースへ。道中はコトホドサヨウニ(3歳オープン)の後ろにつけ、直線で内に向くと軽く仕掛けられてラスト1F11秒4。馬なりのまま半馬身ほど先着した。

 横山和は「雰囲気はある程度つかめました。順調だと思います。調教の動きからは不安なく迎えられそう」と好感触だった。

 奥村豊師は木曜追いに「水曜に自厩舎でやるより、木曜にジョッキーに乗ってもらった方がいいかと」と説明。未勝利勝ちから中2週での参戦でも状態に不安はない。「キープしているし、それで十分だと思います」と納得の口ぶり。

 枠は大外18番。「ゲートで待つ時間が少ないですし、もまれる心配もない。力を出し切るにはいいと思います」と前向き。樫舞台でもやれる器だと信じて送り出す。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月17日のニュース