【笠松競馬・オグリキャップ記念】賞金増額、距離変更と大幅衣替え PR隊の願いは09年以来の地元勢V

[ 2024年5月17日 16:53 ]

オグリキャップ記念をPRする(左から)後藤ひなの、佐々木美乃里、今田希 
Photo By スポニチ

 笠松競馬のPR隊がスポニチ名古屋オフィスを訪れた。23日、第33回オグリキャップ記念が行われる。距離は2500メートルから1400メートルに短縮。一方で1着賞金は2000万円から2500万円へと増額。開催月も4月から5月へと変更された。

 岐阜県地方競馬組合企画広報課の上谷禎之課長は「5月開催は、他場との兼ね合いもありますがレーティングの高い馬が集まりやすい」。将来的にはダートグレードレースでの開催を目指すという。

 レース当日の8、10R確定後に安藤勝己元騎手のトークショーを開催する。

 YouTubeチャンネル「笠松けいば金曜日ライブ」に出演中の今田希、後藤ひなの、佐々木美乃里の3人は「笠松所属馬、ジョッキーを全力で応援します!」と09年以来の地元馬優勝を願った。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年5月17日のニュース