【オークス】(13)スウィープフィート“絶好枠” 武豊がエアグルーヴ以来となる28年ぶり戴冠へ

[ 2024年5月17日 05:29 ]

<オークス>厩舎周りで運動するスウィープフィート(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 スウィープフィートが絶好枠を引き当てた。7枠13番は直近では18年アーモンドアイ、19年ラヴズオンリーユーが連勝。昨年のドゥーラも15番人気で3着と高配を演出した。内の馬を見ながら無理なくレースが組み立てられる。末脚勝負の彼女には絶好だ。笠原助手は胸を張って送り出す。

 「ユタカ(武豊)さんなので、どの枠でも。スタートの問題も改善していますし、特に気になりません。追い切ってからもう一段階良くなった。“仕上がった”という感じですね」

 距離延長に初めての左回り、スタンド前のスタートなど課題はあるが、全てを克服可能な心身の強化を感じている。武豊が96年エアグルーヴ以来となる28年ぶりのオークス戴冠へ。余すことなく力を引き出す。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年5月17日のニュース