【NARグランプリ表彰式典】年度代表馬イグナイターはドバイへ 新子師「世界のイグナイターに」

[ 2024年2月22日 19:17 ]

年度代表馬に選出された(右から)イグナイターを管理する新子師、主戦・笹川、野田オーナー、武田厩務員
Photo By スポニチ

 「NARグランプリ2023」の表彰式典が22日、都内のホテルで関係者約180人を集めて実施。式典前の記者会見で2年連続で年度代表馬に選出されたイグナイター(牡6=兵庫)を管理する新子(あたらし)雅司師(45)は「2年連続で獲れるものではないので、うれしい」とコメントした。

 JRAG1制覇を狙った18日のフェブラリーSは11着に終わったが、下を向くことなく、次走は既に選出されているドバイゴールデンシャヒーン(3月30日、メイダン)に挑戦する。師は「フェブラリーの借りをドバイで返して、兵庫のイグナイターから世界のイグナイターにしたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「2023 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞」特集記事

2024年2月22日のニュース