【中山記念】エルトンバローズ 西村淳も納得「この馬の一番の特徴は操縦性」

[ 2024年2月22日 05:28 ]

 質量ともに関東馬が優勢の構図に対してエルトンバローズは西の大将格。坂路単走で4F54秒9~1F11秒8とラストを伸ばした追い切りに主戦の西村淳は「3週続けてまたがっています」と自らを仕上げ人と言わんばかりの笑み。

 「やり過ぎないように上がり重点。この馬の一番の特徴は操縦性。中山は初めてだけど、小器用さを問われる福島(昨年ラジオNIKKEI賞1着)で結果を出しているので」と初コースは意に介さぬ様子だ。

続きを表示

「2024 皐月賞」特集記事

「アーリントンC」特集記事

2024年2月22日のニュース