【川口・SG全日本選抜】小林瑞季 33歳は開花の年に

[ 2024年2月22日 04:50 ]

2日目3着に終わった小林瑞季は3日目8Rでのリベンジを期す
Photo By スポニチ

 21日が33歳の誕生日。当然、力の入った小林瑞季(川口)だったが、2日目10Rは3着に終わった。「内を突いたらリアタイヤがグリップせず、外から攻めようとしても、うまくガードされた」。他地区の“名手”に、してやられた。

 もちろん、このままでは終われない。「自分で展開をつくることが重要。上を目指して調整し、あとは練習のみ」と方針は明確だ。

 32歳は「修業の年だった」と言う。「厳しい一年だったが、それでも種まきはしたつもり。33歳は芽を出させ、花を咲かせたい」。自分磨きに貪欲な男。最近はメンタルトレーナーから“人間の思考の癖”を学んだ。「メッチャ役に立ちます」。3日目8R、脳トレの効果を発揮するか。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年2月22日のニュース