米丸乃絵 イン戦なしでA級目指す!

[ 2024年2月22日 04:50 ]

1号艇“抜き”でA級入りを目指す米丸乃絵                         
Photo By スポニチ

 【女神にキュン】興味深いチャレンジを行っているレーサーがいる。今月、戸田のヴィーナスシリーズで8カ月ぶりに自身2度目の優出を果たした米丸乃絵だ。ダッシュ→スローと段階を踏みながらコースを解禁してきたが、まだ師匠の永田啓二との取り決めで“インの封印”は解かれていない。それでいて、22日時点の来期適用勝率は5・94。A級昇格を十分に狙える位置にいる。

 「師匠に、あとは自分次第と言われていて、自分でもメンタル面は課題と思っています。練習では捲り差しもやっているのに、レースで自信がなくて握ってしまったり。挑戦できてない。レースに対する準備の足りなさも感じています」。

 1月の多摩川では連絡の行き違いで1号艇が来てしまい、想定外の初イン戦。痛恨の6番手スタートで3着に敗れ「悔しいです」を連発した。心構えができていなかった。続く戸田では準優1号艇を獲得するも、今度はトップタイスタートながら2号艇の差しを許し2着。優勝戦で5コースから準Vと意地は見せたが、悔しさはさらに募ったことだろう。「1号艇以外からでA級昇格が目標。将来はクイーンズクライマックスやSGに出たいです」。敗戦を糧に米丸のチャレンジは続く。次走は27日開幕の宮島ヴィーナスシリーズ第21戦を予定している。

 ◇米丸 乃絵(よねまる・のえ)2001年(平13)8月5日生まれ、熊本県出身の22歳。福岡支部所属の128期生。21年5月15日に若松でデビュー。同年12月9日の児島で水神祭。好物は母が作るハンバーグとお寿司。1メートル58、47キロ。血液型A。

続きを表示

「2024 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2024年2月22日のニュース