【奈良競輪開設73周年記念G3「春日賞争覇戦」初日(12R)】古性が流れに乗る

[ 2024年2月22日 04:00 ]

古性優作
Photo By スポニチ

 奈良競輪開設73周年記念「春日賞争覇戦(G3)」は22日に開幕する。12R特選は近畿勢が5人となり、古性優作―南修二―東口善朋、脇本雄太―三谷竜生に分かれての戦い。これに新山響平―守沢太志の北日本勢を含めた力の攻防。中心には流れに乗る古性を推したが、首位争いは激戦だ。10Rは強引先行の坂本紘規を得た菅田壱道に流れが向く。11Rは三谷将太が貴志修己を目標に決める。

【12R】古性が流れに乗る

 近畿勢は古性―南―東口、脇本―三谷竜で二派に分かれる。これに新山―守沢を加えた力の攻防。メンバーから見て古性は流れに乗れる強み。好機に鋭く踏み込んで南まで連れ込もう。いや、加速が付いた脇本が強い。体調さえ戻れば力でねじ伏せても不思議でない。番手の三谷竜が地元の気迫で迫る(2)=(6)は必要。新山は車番を生かしての突っ張り先行で先手奪取へ。守沢のガードで逃走劇も。

 (1)新山響平 全日本はいろんな戦法を試せたし、前を取れない時の対策もできた。練習での数値は出ていなかったけど、冬場なんで。主導権を取れるよう自力。
 (2)脇本雄太 全日本は良くない中で走れた方かな。下地をつくろうとトレーニングをやり始めたところ。疲れは少し残っている。自力。
 (3)古性優作 (全日本は)少しずつ上がっているかな。表彰式の後は脚力を上げるために練習はしました。特選は近畿が5人いるんで。割り切って自力。
 (4)東口善朋 (全日本は)悪くなかったけど、準決とかは課題も残りました。底上げしたい。大阪の後ろ。
 (5)松谷秀幸 (全日本は)神奈川3人で決勝に乗れたのはうれしかった。状態はキープできている。北の3番手から勝負したい。
 (6)三谷竜生 全日本は良くなかったですね。前回からの新車はセッティングも出たかな。特選はわがままを言って脇本君へ。
 (7)守沢太志 全日本はまあこんなもんかな。新しいシューズに替えてセッティングもいじったんで、走ってみてから。新山君へ。
 (8)小倉竜二 脚の方はまあまあだけど、犬伏クラスだと呼吸が合わないと付いていけない。そこは気にせず。1人で流れ見極めて。
 (9)南修二 (全日本は)状態は悪くなかったと思います。(ビッグ連続決勝は)周りのおかげです。古性君。

【11R】地元の三谷が中心

 闘将・三谷将は地元戦ならさらに気合が入る。ここは貴志の先行捲りを目標に厳しく運び抜け出す。
 (1)貴志修己 限界に追い込むぐらいに練習はしました。先行有利なバンクなんで、しっかり自力勝負。
 (2)松尾勇吾 展開が向けば。田川さんの番手へ。
 (3)小沼良 山口君へ。
 (4)鈴木謙二 小沼さん。
 (5)三谷将太 ここへ向けてしっかり仕上げてこられたと思う。気持ちで乗り切りたい。連係もある貴志君。
 (6)良永浩一 熊本へ。
 (7)山口翼 自力勝負。
 (8)田川翔琉 自力で。
 (9)鷲田幸司 三谷君へ。

【10R】菅田が番手有利に

 バック本数からみて坂本ペースが有力。それなら乗る北日本勢の菅田が有利。底力もあり勝機をつかむ。3番手中村までが進出も。
 (1)伊藤正樹 伊藤稔君。
 (2)松岡健介 ここは清水君マーク。
 (3)菅田壱道 前回は3日目に1着が獲れてスカッとした。外でもがいた感じは悪くはなかった。坂本君。
 (4)伊藤稔真 自力です。
 (5)中村浩士 北の後ろ。
 (6)桜井学 自分でやる。
 (7)清水剛志 ケガは大丈夫だけど、インフルになって。ボチボチ。自力、自在。
 (8)鰐渕圭佑 桜井さん。
 (9)坂本紘規 自力です。

続きを表示

「2024 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2024年2月22日のニュース