【次走】サトノグランツは目黒記念を視野

[ 2024年2月22日 05:02 ]

 アミールトロフィー3着サトノグランツ(牡4=友道)は目黒記念(5月26日、東京)を視野。

 ダイヤモンドS2着サリエラ(牝5=国枝)は天皇賞・春(4月28日、京都)。

 同4着ハーツイストワール(牡8=国枝)はメトロポリタンS(5月4日、東京)か目黒記念。

 東京新聞杯6着マスクトディーヴァ(牝4=辻野)は阪神牝馬S(4月6日)を視野。社台レースホースが発表。

 根岸S3着サンライズフレイム(牡4=石坂)はポラリスS(3月30日、阪神)へ。

 神奈川記念3着ユティタム(牡4=須貝)はオアシスS(4月20日、東京)へ。

 【3歳次走】
 白梅賞1着スマートスピア(牡=池江)は荻野極とコンビ継続でニュージーランドT(4月6日、中山)へ。

 京都1勝クラス1着アドマイヤテラ(牡=友道)は岩田望との新コンビで若葉S(3月16日、阪神)へ。

 中京未勝利勝ちレイワサンサン(牡=高柳大)はムルザバエフとコンビ継続で若葉Sへ。

 京成杯8着エコロマーズ(牡=牧浦)、京都新馬勝ちダノンピレネー(牡=高柳大)は中山1勝クラス(3月9日、芝2000メートル)へ。

 【ドバイ情報】サウジC(24日、キングアブドゥルアジーズ)に出走するクラウンプライド(牡5=新谷)、メイショウハリオ(牡7=岡田)はドバイワールドC(3月30日、メイダン)の招待を受諾。レッドシーターフハンデキャップ出走のリビアングラス(牡4=矢作)はドバイゴールドCの招待を受諾した。

 【移籍】22年JBC2歳優駿を制したゴライコウ(牡4=新谷、父ホッコータルマエ)が21日付でJRA競走馬登録を抹消された。今後は地方競馬に移籍する予定で移籍先は未定。

 【帰国】17日にカタールのアミールトロフィーに出走したサトノグランツ(牡4=友道)、ゼッフィーロ(牡5=池江)、ノースブリッジ(牡6=奥村武)が21日、午前7時22分に関西空港着のフライトで帰国した。その後、輸入検疫のため、三木ホースランドパーク(兵庫県三木市)の国際厩舎に入厩した。

 【引退】22年宝塚記念14着後、左前球節炎や右前浅屈腱炎などで休養していたアリーヴォ(牡6=杉山晴、父ドゥラメンテ)の引退が決まった。21日、シルクレーシングが発表した。今後は乗馬になる予定。22年小倉大賞典で重賞初制覇を飾り、大阪杯3着とG1でも好走した。通算12戦5勝、獲得賞金は1億4711万3000円だった。

続きを表示

「2024 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2024年2月22日のニュース