×

【中日新聞杯】ラーゴム&ヒンドゥタイムズ 斉藤崇師2頭に期待

[ 2021年12月8日 05:30 ]

坂路でキャンター調整するラーゴム
Photo By 提供写真

 斉藤崇厩舎は2頭出し。アンドロメダSを制したラーゴムはきららぎ賞Vと同じ舞台で重賞制覇を狙う。斉藤崇師は「折り合い面がだいぶ良くなりましたね。雰囲気は変わりないし、ハンデ(56キロ)もこんなもんかな」と感触を口にする。ヒンドゥタイムズは半年ぶりの復帰戦。「前走(鳴尾記念11着)は夏負けしていたので北海道まで放牧に出した。(帰厩後は)順調に乗り込めていますよ」と反撃に燃える。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年12月8日のニュース