×

栗東CWコースで自動計測スタート

[ 2021年12月8日 05:30 ]

 栗東トレセンで7日、CWコースの自動計測がスタートした。左回りで調教が行われる火曜、開門直後に一番乗りしたスズカパンサー(牡4=西村、3勝クラス)がいきなり追い切りを行い、モニターに計時されたタイムは6F81秒9~1F12秒9。騎乗した小崎に時計を伝えると「体感と同じぐらいですね」と語った。この日はCWコースに入った延べ346頭の調教タイムを計測。美浦のWコースでは7月27日から自動計測が行われている。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年12月8日のニュース