×

【阪神JF】サークルオブライフ 一戦ごとに進境、国枝師「ここでどれだけやれるか楽しみ」

[ 2021年12月8日 05:30 ]

サークルオブライフ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 重要ステップのアルテミスSを制して臨むサークルオブライフ。7番人気と伏兵の立場での勝利だったが、国枝師は「デビュー当初はレースを分かっていない感じだったが、前走はちゃんとした競馬ができた。一戦ごとに進境が見られる」と評価する。今回は上位人気必至で受けて立つ立場となるが「速い脚を長く使えるので阪神外回りは合うと思う。ここでどれだけやれるか楽しみ」と手応えを持って送り出す。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年12月8日のニュース