【カペラS】リュウノユキナ 石橋と新コンビ、小野師「1F短縮は好材料」

[ 2021年12月8日 05:30 ]

 リュウノユキナは先週負傷した主戦・柴田善が今週の騎乗を見合わせるため、石橋と新コンビを組む。前走・JBCスプリント(金沢)は5着。小野師は「ワンターンならまた違ったが、コーナー4回の小回りは向かなかった。1F短縮は好材料だし、順調にきている。そんなに簡単な馬ではないので、ジョッキー(石橋)が最終追いでつかんでくれれば」と手応え。交流重賞2勝の実績馬が念願のJRA重賞Vに挑む。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2021年12月8日のニュース