×

【阪神JF】ダークペイジ 吉村師も順調さアピール「マイルでも持つという手応えがある」

[ 2021年12月8日 05:30 ]

坂路でキャンター調整するダークペイジ
Photo By 提供写真

 吉村厩舎は2頭出しを予定。ダークペイジは新馬、りんどう賞と連勝してG1舞台へ。前走後は放牧で英気を養い、2カ月ぶりのここに備えた。吉村師は「1カ月ほど前に帰厩。調整しやすい馬だし、カイバもしっかり食べている」と順調さをアピール。1F延長について「折り合いはつくし、マイルでも持つという手応えがある」と感触を伝えた。シンシアウィッシュは現時点で10分の7の抽選対象。白菊賞5着から中1週で臨む。「前走は出遅れて進んで行かず。競馬をしていないのでダメージはなかった。抽選を突破してほしい」と願っていた。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年12月8日のニュース