×

アグネスデジタルの死にウマ娘ユーザーも悲しみの声…「転生先ではずっと最推し!」「デジたんお疲れ様」

[ 2021年12月8日 19:07 ]

03年の安田記念を制したアグネスデジタル
Photo By スポニチ

 元競走馬のアグネスデジタルが死んだことが8日、分かった。ジャパン・スタッドブック・インターナショナルが発表した。24歳だった。

 同馬は芝とダートの元祖二刀流として知られる。99年9月12日に阪神でデビューし、00年のマイルCSでG1初制覇。01年には交流G1の南部杯を制すると、続く天皇賞・秋ではテイエムオペラオーを撃破した。同年香港Cで海外G1初制覇を飾り、02年にはフェブラリーS、03年には安田記念を制した。03年有馬記念を最後に引退した。

 アニメやスマホゲームで人気の「ウマ娘 プリティーダービー」にも同馬は登場。「ウマ娘」公式ツイッターは8日に更新し、「12月8日、本作品でモチーフとさせて頂いておりますアグネスデジタル号の訃報が届きました。関係者様にはお悔やみ申し上げると共に、偉大な名馬のご冥福を心よりお祈り申し上げます」と悼んだ。

 「ウマ娘」ユーザーからも「デジたんお疲れ様でした、ご冥福をお祈りします。転生先ではずっと最推し!」「貴方は勇者であり、誰よりも愛された競走馬でした」「ウマ娘では最強のオタクキャラ濃すぎぃぃゆっくり休んでね」「デジたん強かったし、みんなに愛されてたのが伝わる…ご冥福をお祈りします」などと悲しみの声が多く挙がった。

続きを表示

この記事のフォト

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年12月8日のニュース