グランアレグリア退厩 陣営「最後もいつも通り元気でした」

[ 2021年11月26日 05:30 ]

報道陣に見送られ美浦トレセンから出発するグランアレグリア(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ラストランのマイルCSでG1・6勝目を挙げたグランアレグリア(牝5=藤沢和)が25日、美浦トレセンを退厩し、ノーザンファーム天栄へ移動した。雲一つない青空の下、落ち着いた表情のまま馬運車に乗り込んだ=写真。感無量の様子で愛馬を送り出した担当の渡部助手は「無事に終わってホッとしています。最後もいつも通り元気でした。一番の思い出はアーモンドアイに勝った安田記念ですね」と語った。引退式については藤沢和師が「協議中」と説明した。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年11月26日のニュース