G1・2勝馬ワールドプレミア現役引退 種牡馬入りへ

[ 2021年11月26日 05:30 ]

天皇賞・春で、ゴール前、ディープボンドを捕らえ勝利するワールドプレミア(手前・白帽)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 19年菊花賞、21年天皇賞・春のG1・2勝を挙げたワールドプレミア(牡5=友道、父ディープインパクト)の現役引退が25日、管理する友道師から発表された。通算12戦4勝。デビュー6戦目で菊花賞を勝ち、続く有馬記念でも3着好走。今年の天皇賞・春で復活Vを飾った。天皇賞春秋連覇を目指した天皇賞・秋(11着)が現役最後のレースに。今後は北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬になる予定。

 ▼友道師 ワールドプレミアが菊花賞を勝ってくれたことで、うちの厩舎は牡馬3冠を達成できましたし、凄く思い入れのある存在です。古馬になっても天皇賞・春を勝ったように、スタミナが凄くあった馬ですから、それが産駒に伝わってくれればいいですね。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年11月26日のニュース