×

【防府記念】清水 前人未到4連覇!プレッシャーから解き放たれ涙「幸せです」

[ 2021年11月4日 05:30 ]

地元記念4連覇を達成した清水
Photo By スポニチ

 防府記念は3日行われ、地元の清水裕友(26=山口・105期)がゴール前、宮本を差し切って前人未到の4連覇を達成(周年記念の前節後節が撤廃された02年=平14=以降で初)。G3は20年11月の防府記念以来7回目の優勝となった。

 清水がスタートを決めて宮本―清水―山下―柏野―小原―諸橋―阿部―和田―小倉で周回。青板Bで勢い良く阿部―和田が上昇。これに小原と諸橋が切り替え続く。小倉は柏野の後位へ。打鐘から阿部が踏み込み先行態勢。最終H5番手から宮本が捲る。和田が番手から出て抵抗も宮本―清水―山下で出切る。柏野は諸橋にさばかれ後退。G前で清水が鋭く伸びて優勝。2着に宮本、3着山下で地元ワンツースリーとなった。

 ここだけは譲れない。史上初の記念4連覇。清水は「すんなりいくとは思わなかった。それでも、隼輔なら絶対に行ってくれると思っていた。隼輔、それに後ろを固めてくれた先輩に感謝です」。同郷の同級生の捲りに乗ってきっちり決めた。

 レース後、清水の頬は濡れていた。「幸せです。凄くうれしい。誰もしたことのない4連覇。地元だし決めてやろうと思っていた」と、喜びと負けられないプレッシャーから解き放たれた瞬間。その中で結果を出す。見事だった。

 防府に清水あり。今年も地元のヒーローに沸いた4日間だった。

 《次走》優勝の清水裕友はG1競輪祭(小倉、18~23日)、2着の宮本隼輔は小松島F1(24~26日)、3着の山下一輝は小松島F1(14~16日)。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2021年11月4日のニュース