×

【門別・JBC2歳優駿】アイスジャイアント末脚サク裂!重賞初制覇

[ 2021年11月4日 05:30 ]

JBC2歳優駿を制したアイスジャイアント(手前)
Photo By スポニチ

 JRA所属の単勝3番人気アイスジャイアントが直線外から伸びて、デビューから2連勝で重賞初制覇。勝ち時計は1分53秒0で2着ナッジに1馬身半差をつけた。鞍上の三浦は「タフな馬場でも終始手応えが良く、いいフットワークで走ってくれた。これから成長していくと思う」と期待を込めた。

 前々の競馬だったデビュー戦とは一転、後方からとなったが、前半は早めのペース。3角から徐々に前に進出すると、メンバー最速の上がり3F38秒4の末脚で、他の有力馬をまとめて差し切った。高柳瑞師は「中団よりも前に行きたかったので想定とは違ったが、耐えて最後まで伸びてくれた。次走はオーナーと相談してから」と語った。

 ◆アイスジャイアント 父ダンカーク 母アイスドール(母の父キャプテンスティーヴ)19年5月1日生まれ 牡2歳 美浦・高柳瑞厩舎所属 馬主・吉田勝己氏 生産者・北海道安平町のノーザンファーム 戦績2戦2勝(重賞初勝利) 総獲得賞金3700万円 馬名の由来は天王星型惑星で巨大な氷惑星。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2021年11月4日のニュース