【ヴィクトリアM】スマイルカナ順調 柴田大「息遣い良くなった」

[ 2021年5月13日 05:30 ]

<ヴィクトリアM>最終調整したのスマイルカナ(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 スマイルカナは北馬場を経由して坂路入り。主戦・柴田大が騎乗して4F53秒9~1F12秒0で駆け上がった。柴田大は「先週(Wコース5F65秒0)しっかりやったので、今週はサラッと」と説明。1番人気に推された前走・ダービー卿CTでは14着に大敗。奮起が期待されるが「息遣いが少し良くなった」と鞍上。高橋祥師も「いつもの躍動感がない。これで良くなってくれればいいけど」と、トーンはいまひとつ。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年5月13日のニュース