【京王杯SC】ラウダシオン リズム重視駆け、ミルコも笑顔「いつも通り良かった」

[ 2021年5月13日 05:30 ]

 昨年のNHKマイルC覇者ラウダシオン(牡4=斉藤崇)は2週連続でM・デムーロがまたがり、CWコースへ。馬なりのまま5F75秒7~1F14秒0とリズム重視でゆったり駆け抜けた。鞍上は「先週しっかりやっているし、テンションを上げないように。いつも通り、良かった」と笑顔。前走の高松宮記念は14着に敗れたが「雨だったからね。千二も千四も変わらず、いい走りをする。東京はいいし、気分良く走れたら」と反撃に燃える。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年5月13日のニュース