【ヴィクトリアM】グランアレグリア大人の走り ルメール絶賛「全部良かった」

[ 2021年5月13日 05:30 ]

<ヴィクトリアM>併せて追い切るルメール騎乗のグランアレグリア(右)(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 春の最強マイル女王決定戦「第16回ヴィクトリアマイル」の最終追いが12日、東西トレセンで行われた。美浦ではG1・4勝馬グランアレグリアがルメールを背にうなるような勢い。今年初戦の大阪杯(4着)は道悪に泣いたが、ベストのマイルで復権態勢が整った。栗東では阪神JF制覇の実績馬レシステンシアがスピード感満点の動き。東西の「S」評価馬が火花を散らすのか?

 敗戦ショックなど、みじんもない。Wコースに入ったグランアレグリアがすっかり大人の走りを見せた。

 「折り合っているな」

 発進後の向正面を見据える藤沢和師はつぶやいた。4コーナーで2馬身前を行くレッドサイオン(5歳障害未勝利)の内へ。ルメールが抑えたままでグイッと半馬身前に出た。6F82秒5~1F12秒5。ボリューム満点の馬体で、体全体を躍動させた。突っ走りがちだった3歳時の姿はなく、それでいてアレグリアらしい前進気勢に満ちている。道中の制御も利いていた。

 ルメールは「凄くいい追い切りができた」と思わず笑顔。「最初は我慢していたけど、3~4コーナーで自分から動いて、走りたい感じでした。元気がいいです。直線も伸びてくれた。息も良かったし、フットワークも。全部良かった」。

 藤沢和師も「ジョッキーには行きたがるところがあるので、それだけ気をつけるように…と。一度レースを使っているので調整もしやすかった。順調にきています」と穏やかに話した。

 今年初戦の大阪杯(4着)は4コーナーでは2番手に押し上げたが、伸びを欠いた。休み明け、初の2000メートル、午後から強さを増した雨。鞍上は「重馬場でも、フットワークは良かった。距離も大丈夫だったと思う。ただその両方のコンビネーションが合わず最後はきつくなった」と分析した。極端な馬場悪化がなければ、2000メートルでもやれたが運がなかった。

 東京マイルは昨春安田記念でアーモンドアイを破った思い出舞台。その安田記念では敗れたアーモンドの背にいたルメールは「あの時はアレグリアをマークして走ったが届かなかった。僕は残念だったけど、藤沢先生は喜んだでしょ?1600メートルに戻り、彼女にとって完璧な舞台だと思う」と気合を入れた。勝てば、現存するJRA古馬マイルG1・3競走(安田記念、マイルCS、ヴィクトリアM)の完全制覇は初の偉業。仕上げ完璧、舞台も最高、鞍上は先週NHKマイルC(シュネルマイスター)を制覇と勢いも最高潮。強いアレグリアが堪能できそうだ。

 ≪古馬マイルG1・3競走完全制覇へあと1≫ヴィクトリアMが創設された06年以降、安田記念、マイルCSを含めた古馬マイルG13競走を制した馬はいない。ウオッカは08、09年安田記念、09年ヴィクトリアMでマイルG13勝もマイルCSは不出走だった。牝馬だけが挑戦できる古馬マイルG1完全制覇の偉業。グランアレグリアが勝てば、ニホンピロウイナー、タイキシャトル、ダイワメジャー、ウオッカに続き史上5頭目のJRA古馬芝マイルG1・3勝目となる。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年5月13日のニュース