凱旋門賞登録締め切り 日本馬はクロノジェネシスなど6頭登録

[ 2021年5月13日 05:30 ]

 フランスG1凱旋門賞(10月3日、パリロンシャン)の出馬登録が現地時間12日午前に締め切られ、主催するフランスギャロから登録馬が発表された。

 日本馬はクロノジェネシス(牝5=斉藤崇)、レイパパレ(牝4=高野)のG1牝馬2頭に加え、ディープボンド(牡4=大久保)、モズベッロ(牡5=森田)、マイネルウィルトス(牡5=宮)、ステラヴェローチェ(牡3=須貝)の6頭が登録。ディアドラ1頭だった昨年から大幅に増えた。9月29日までは12万ユーロ(約1560万円)を支払えば追加登録が可能。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「マーメイドS」特集記事

2021年5月13日のニュース