【ヴィクトリアM】ランブリングアレー 余力十分の走り、友道師「いい動き」

[ 2021年5月13日 05:30 ]

<ヴィクトリアM>CWコース単走でソフトに仕上げられたランブリングアレー
Photo By 提供写真

 中山牝馬S勝ちから直行のランブリングアレーは助手が騎乗し、CWコースで上がり重点。5F66秒2~1F12秒7で余力十分に駆け抜けた。友道師は「今朝はしまいを伸ばすイメージ。いい動きだった」と納得の表情。初重賞制覇の前走を振り返って「思った以上に頑張ってくれた。3、4歳の頃は精神的にもろかったけど今は安定。それが成績につながっている」と充実を感じ取っている。最後に「できれば良馬場で」と付け加えた。 

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年5月13日のニュース