【ヴィクトリアM】テルツェット新星の勢い!高級車のような滑らか加速、狙い通りの出来

[ 2021年5月13日 05:30 ]

<ヴィクトリアM>併せて追い切るテルツェット(右)(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 5週連続開催となる東京G1シリーズ第2弾「第16回ヴィクトリアマイル」(16日、東京)の追い切りが12日、東西トレセンで行われた。美浦では4連勝中の新星テルツェット(牝4=和田正)が、勢いそのままに軽快な動きを披露。G1初挑戦初制覇の快挙を狙い、短距離女王として君臨するグランアレグリアに立ち向かう。同レースは13日に出走馬が確定、14日に枠順が決定する。

 派手なアクションをしなくとも自然とギアチェンジ。まるで高級車のような滑らかな加速に、テルツェットの充実ぶりが表れていた。Wコースでハウエバー(7歳3勝クラス)を3馬身追走。手応えに余裕を残したまま、内で楽々と併入に持ち込んだ。「力まずスッと気分良く走れた。気持ちも入っていて、狙い通りの追い切りになった」。和田正師は納得顔で愛馬を迎えた。

 昨春のミモザ賞3着後に成長を促すため休養。夏の新潟の1勝クラスで復帰戦を飾ると、そこから破竹の4連勝。前走・ダービー卿CTでは牡馬を力でねじ伏せ、一気に重賞ウイナーへと上り詰めた。「昨秋から小さいなりに体に幅が出て、いい筋肉がついた。気性面も成長し、落ち着いて集中して走れるようになったのも大きい」。馬の成長力を信じて待ったことで心身のバランスが整った。

 前走が418キロと牝馬の中でも小柄。馬体について師は「前走よりもボリュームを感じる」とした上で続けた。「サイズは小さいがストライドは大きい。余裕を持って体をつくっても、レースに向けて馬が自ら体重を調整する感じもある。体の大小は気にしていない。お父さん(ディープインパクト)も小さい馬でしたから」。

 ディープ産駒で連勝中の牝馬といえば、真っ先に思い浮かぶのがレイパパレ。G1初挑戦だった4月の大阪杯でコントレイル、グランアレグリアを撃破する大金星。同じ境遇にあるテルツェットに懸かる期待も大きい。「前走より負担重量が増える(53→55キロ)し、相手も相当強くなる。簡単ではない」。師は冷静に分析する一方「めったにないチャンス。前走は中山で勝ったが東京(2戦2勝)の方がいい。状態はいいし通用する能力はあるはず」と力を込めた。

 母ラッドルチェンドは先月の香港G1クイーンエリザベス2世Cを制したラヴズオンリーユーの半姉。東京マイルが得意な父に加え、母系の勢いも見逃せない。馬名は音楽用語で「三重奏」。勢い、舞台適性、血統。三拍子そろった心地よく、力強いハーモニーで強敵に真っ向勝負を挑む。

 ≪ディープ産駒最多10頭出走≫ディープインパクト産駒は大挙10頭がエントリー。全馬が無事ゲートインなら、15年天皇賞・秋の9頭を上回り、同産駒の同一G1最多出走記録を更新する。過去に13、14年ヴィルシーナ、18年ジュールポレールで3勝しており、今回勝てばフジキセキと並ぶ歴代最多4勝目となる。

 ≪波乱多いG1 今年も予感が≫ヴィクトリアマイルは“下克上”の多いG1。07年には12番人気コイウタがV。08年は当時の女傑ウオッカがG1初挑戦だったエイジアンウインズに敗れた。15年は5番人気ストレイトガール→12番人気ケイアイエレガント→18番人気ミナレットで決着し3連単は2000万円超えの大波乱。テルツェットが波乱の系譜を紡ぐか。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年5月13日のニュース