JRA 今春の1回福島開催を断念 2月の地震で被災 新潟で代替開催へ

[ 2021年3月4日 14:51 ]

一部天井パネルが落ちている福島競馬場(JRA提供)
Photo By 提供写真

 JRAは、4月10日からスタートする春の1回福島開催(4月10~25日)を見合わせる方針であることが4日、関係者への取材で分かった。福島競馬場は先月13日に発生した福島県沖地震で被災。競馬場周辺でも震度6弱が記録された。地下馬道などの施設が損傷し、スタンドの天井パネルの一部が崩落するなど被害は大きかった。安全確保を最優先に、余震の可能性も鑑みて開催を断念する。

 11年3月11日の東日本大震災では、福島競馬は翌12年4月7日まで開催できず。11年の福島開催分は1回(春)と3回(秋)は新潟、2回(夏)は中山でそれぞれ施行された。今回も1回福島開催分は新潟で施行される見込み。積雪地区のため、芝の生育状況を考慮する必要があり、大幅な番組再編が行われることとなる。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年3月4日のニュース