【弥生賞】追ってひと言

[ 2021年3月4日 05:30 ]

 ▼ゴールデンシロップ(木村師)半信半疑だった前走がいい内容だった。間隔が詰まる点は鍵だが落ち着いて挑めれば。

 ▼スペシャルトーク(杉浦師)もう強いのは必要なく、動き自体も良かった。同日の自己条件(芝1600メートル)と両にらみ。

 ▼ソーヴァリアント(大野)先週より今週の方が素軽かった。テンションも抑えられ、雰囲気良く競馬に行けそう。

 ▼タイセイドリーマー(矢作師)時計(坂路4F51秒7)はもっと遅くても良かったくらい。調子は上がっている。

 ▼ホウオウサンデー(奥村武師)負荷は十分かかっている。豪華メンバー相手にどこまでやれるか。

続きを表示

「2021 桜花賞」特集記事

「ニュージーランドT」特集記事

2021年3月4日のニュース