【チューリップ賞】メイケイエール 馬なり1F11秒9「クロス鼻革」着用で強制力大幅アップ

[ 2021年3月4日 05:30 ]

<チューリップ賞>CWコースで追い切ったメイケイエール
Photo By 提供写真

 今年初戦を迎えるメイケイエールの追い切りテーマは一つしかない。「折り合い」。富田(レースは武豊)を背にCWコース入り。まずはゆったりと発進。力もうとする馬を必死になだめる富田。何とか我慢させ直線。力まずパワーをためただけあり、ここからの瞬発力は素晴らしい。存分に四肢を伸ばして4F54秒8~1F11秒9を馬なりで叩き出した。富田は好感触を口にした。「我が強く、気難しい面を見せたが相変わらず乗り味はいい。ラストの反応も抜群。一段と力強さが出てきた感じ。休養を挟んで良くなっている」

 潜在能力は世代トップかもしれない。ただ、それでも力を出し切れないのが競馬の難しいところ。デビュー3連勝を決めたが、3戦目のファンタジーSは課題も残す白星だった。力んで道中、外から上昇。最後は力でねじ伏せたが武豊をてこずらせた。

 そこで前走・阪神JFの前からクロス鼻革を着用した。効果はてきめん。強制力が大幅にアップした。レースは出遅れたことでラストの伸びを欠いて4着も武英師にはいい感触があった。「他の鼻革と比べ、頭が上がりにくいのが特長。着用前と着用後では操縦性が全く違う。阪神JFも負けたとはいえ抑えは利いていた。収穫はあった」。今回も同じ馬具で挑む。追い切りでも装着し、しっかりと制御し切った。「実戦2回目だし慣れが見込めると思う」(同師)

 出走馬中、唯一の重賞勝ち馬。ここでは負けられない。「世代トップの能力はある。最大の目標は桜花賞(4月11日、阪神)だが前哨戦でもきっちり結果を出す」。カフェファラオが装着してフェブラリーSを制したクロス鼻革が大きな味方。しっかりと折り合えた時、再びソダシへの挑戦権を得ることとなる。

 ▽クロス鼻革 鼻梁(びりょう)部分で2本の鼻革を交差。1本をハミの上、1本をハミの下で調節する。馬が口を開けにくくなり、顎をずらすような動きも防止できる。鼻腔(びくう)への圧迫も小さくなり、馬は呼吸が楽になって興奮する要素を減らし、集中力を高める。

続きを表示

「フローラS」特集記事

「マイラーズC」特集記事

2021年3月4日のニュース