【弥生賞】ワンデイモア 手応え楽に2馬身先着!国枝師「フレッシュで元気いっぱい」

[ 2021年3月4日 05:30 ]

<弥生賞>ハヤヤッコ(右)と併せて追い切るワンデイモア(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 2連勝中のワンデイモアはWコースでハヤヤッコ(5歳オープン)と併せ馬。2馬身追走し、直線は内へ。馬なりのまま加速し、楽な手応えで2馬身先着。5F66秒4~1F13秒0を刻んだ。国枝師は「フレッシュで元気いっぱい」と満足げ。13年カミノタサハラ、20年サトノフラッグでこのレースを制した同師。「過去2頭に比べ、少し見劣りするが追いつけるだけの素質はある」と期待を寄せた。

続きを表示

「2021 桜花賞」特集記事

「ニュージーランドT」特集記事

2021年3月4日のニュース