【東京新馬戦】ヴィントミューレが5馬身差V 北村宏「安定して走ってくれた」

[ 2021年2月21日 12:16 ]

<東京3R 新馬戦>新馬戦を制した北村宏騎乗のヴィントミューレ (撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 東京3Rの3歳新馬戦(ダート1600メートル)は6番人気ヴィントミューレ(牡=木村、父オルフェーヴル)が2番手追走から直線で抜け出しV。後続に5馬身差をつけての圧勝だった。

 「新馬なので、少しハミを取るなど気を使ったけど、修正が利いた。しっかり乗り込めていたし、しまいまで安定して走ってくれました」と北村宏。木村師は「しっかり時間をかけて乗り込めたので。このくらいの距離で活躍していってくれれば」と話した。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月21日のニュース