【フェブラリーS】ワンダーリーデル健闘3着 横山典「8歳で大したもの」

[ 2021年2月21日 17:43 ]

<フェブラリーステークス>3着でレースを終えたワンダーリーデル(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 2021年最初のJRA・G1「第38回フェブラリーステークス」(ダート1600メートル)は21日、東京競馬場で行われ、8番人気の8歳馬ワンダーリーデルが中団進出から内めを粘り強く伸びて3着健闘。3連単10万馬券の演出に一役買った。

 再コンビの横山典は「最高だった。うまくいったんだけどな。きょうは負けただけ」と振り返った。続けて「ここまで仕上げてくれた厩舎も凄いし、8歳で大したもの。まだ若いし、凄い馬だよ」とベテランホースの健闘を称えていた。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月21日のニュース